改善用語一覧

現場改善やトヨタ生産方式における用語についてご紹介いたします。
  • アイドルタイム

    Idle Time  有効に働いていない無駄な時間。 <TPS用語>
  • 赤札(アカフダ)

    目で見る整理をするため、不要なものに貼る赤い札のこと。赤札には不要な理由を記入する。→赤札作戦
  • アルミ ブレージング

    アルミのろう付け。アルミ母材より融点の低いろう材で接合する方法
  • アンドン

    工程で異常が起きた際に点灯する表示灯で、異常をすぐに周囲に知らせる
  • 意識改革(イシキカイカク)

    経験や知識からくる固定概念を取り除き新しい考え方を広めること
  • 1個流し(イッコナガシ)

    工程順に、1個または1台ずつ加工、組付けし、1個ずつ次工程に流すやり方をいう。
  • 内段取り(ウチダンドリ)

    段取替えのうち、型・刃具・治工具類などの交換等。⇔外段取り
  • 運搬のムダ(ウンパンノムダ)

    7つのムダの一つ。ジャストインタイム生産に必要な運搬以外の、運搬をいう。(運搬そのものは製品の付加価値を高めない)
  • 加工落ち(カコウオチ)

    無ければならない加工がされていないこと
  • 加工のムダ(カコウノムダ)

    7つのムダの一つ。その加工がなくても製品の品質に影響がない加工
  • かんばん(カンバン)

    ジャストインタイム生産を実現するための管理道具。かんばんの役割は、生産、運搬の指示情報、目で見る管理。そして工程、作業改善の道具。   <TPS用語>
  • かんばん運用5原則(カンバンウンヨウゴゲンソク)

    1.かんばん無しに引き取りに行ってはいけない  2.かんばんの枚数以上に引き取ってはいけない  3.現品には必ずかんばんを付ける  4.かんばんの枚数以上に生産してはいけない  5.かんばんの出た順序に生産する。 <TPS用語>
  • 機械化(キカイカ)

    人の作業を機械に置き換えること
  • 混流精算(コンリュウセイサン)

    1つのラインに複数の品種を流す方式
  • 5S(ゴエス)

    現場改善の基本。整理・整頓・清掃・清潔・躾のローマ字での頭文字です。
    SEIRI)(SEITON)(SEISO)(SEIKETSU)(SITSUKE)
  • サイクルタイム

    1つの作業の1サイクルの時間のこと。サイクルタイム>タクトタイムでは欠品を、サイクルタイム<タクトタイムでは在庫を生み出す
  • 作業要領書(サギョウヨウリョウショ)

    作業を行うための手順、設備の操作、段替え方法、注意事項などを記入したもの
  • 在庫のムダ(ザイコノムダ)

    過剰な在庫のこと。管理にも人件費等が発生する
  • 3現主義(サンゲンシュギ)

    3現とは現場・現実・現物のこと現場改善の際、立ち返るべきものづくりの原点
  • 仕掛り(シカカリ )

    製造を開始し、完成するまでの間の状態を言う
  • 躾(しつけ)

    決められたルールを常に守るよう習慣づけをすること。
  • 省人化(ショウジンカ)

    作業改善や設備改善により、人を1人単位で省くこと
  • 少人化(ショウジンカ)

    需要の変化に応じて最も少ない人数で効率的に生産すること。人の増減が容易にでき、多品種少量生産に対応する仕組み
  • JIT(ジット)

    Just In Time(ジャストインタイム)の略である。必要なものを必要な時に必要なだけ生産・供給する生産方式のこと。これは徹底してムダを削減することを意味する
  • タクトタイム

    製品を一つ造るのに必要な時間。 部品1個、又は1台分を造るのに必要な時間値。タクトタイム=日当り稼働時間(定時)/日当り生産必要数
  • TPS(ティーピーエス)

    Toyota Production System トヨタ生産方式   トヨタで行なっている製造に関する方法で、ムダの徹底的排除の思想に基づいて、生産の全体を通して物の造り方の合理性を追求し、品質のつくり込みと合わせて原価低減などをする考え方と、それを進める総合技術をいい、ジャストインタイムと自働化を2本の柱としている。 <TPS用語>
  • TPM(ティーピーエム)

    Total Productive Maintenance (全員参加の生産保全)とTotal Production Management (全員参加の生産経営)。 TPMは設備の効率化はもちろん。生産システム全体の効率化の極限追求を図り、企業の業績向上や参画型経営を実現する全員参加の体質改善活動です。
  • デミング賞(デミングショウ)

    日本の品質管理の導入に大きな貢献のあったデミング博士の日本に対する友情と業績を記念して1951年に創設された賞。本賞と実施賞および事業所表彰がある
  • 標準化(ヒョウジュンカ)

    標準を設定し、これを活用する組織的行為。維持管理の効率化に中心的な役割を果たす。繰り返し行う作業は、あらかじめ一番よい方法を設定しておくと、効率的に業務が遂行でき、人が代わっても同じ結果が期待でき、結果が信頼性の高いものになる。
  • 標準作業(ヒョウジュンサギョウ)

    人の動きを中心としてムダの無い仕事の順序で効率的な生産をするやり方
  • モノと情報の流れ図(モノトジョウホウノナガレズ)

    『Value Stream Map』 のことで、物は仕入先~各工程~お客様までの分岐合流や滞留場所を、また情報は発注情報/生産指示情/運搬情報/顧客への納品情報を頻度/タイミングなど記号を用いて表した流れ図。 物と情報の滞留箇所を浮き彫りにし、トップから改善に携わる社員全員が問題点を共有化し、あるべき姿を描いて生産リードタイムの短縮/在庫削減を図るのが目的で作成する。

40ヶ国以上、
有名メーカー出身のコンサルが対応。
お気軽に問合せください。

お急ぎの方は御電話ください。

03-5783-3571
お問い合わせ受付 [平日] 8:30~17:30