設計生産性30%向上の秘訣 ~人材育成からDXまで~

日本のモノづくりの強みであるはずの設計・開発が今危機に瀕しています。

単純にベストプラクティスを導入するだけでは、期待する効果は得られません。

設計の生産性30%向上のための「人材育成」「業務改革」「DX推進」の事例とポイントを4回シリーズでご紹介します。

※全4回シリーズですが、関心のある回だけのご参加も可能です。

セミナー概要

タイトル 【無料】設計・開発シリーズセミナー第2回 ひとづくり、IT化とプロジェクト管理
カテゴリー その他 WEBセミナー ZOOM ※15分前より入室可能
日程 第2回 2021年 3月 26日(金) 15:00~16:15
第1回 2/26(金) 第3回 4/23(金) 第4回 5/28(金) その他はこちら
主催 株式会社トップエンジニアリング、株式会社平山
共催 株式会社日立システムズ
対象 ★このような悩みを抱えている方★
  • 設計・開発の品質・効率・納期等の問題を抱えている
  • 自社・自部門での取り組みや発想では改善・改革が難しい
  • システムの導入とあわせて仕組み自体の見直しが必要
  • 設計・開発部門の人員育成や外部活用を推進したい
  • 講師 第一部 土屋 和広
    IMOC事業部長、工学博士
    大手電機メーカー設計・開発部門課長を経て、エンジニアリングチェーン/
    設計・開発関連コンサルティングに従事、現在に至る。
    大手から中堅の、医療/健康機器、光学機器、自動車関連、精密・電子機器、
    鉄道機器等数十社での20年以上の実績を有する。
    設計・開発の業務効率化・品質向上・納期短縮およびPLM構築のコンサルティングに加えコーチング、
    PMO等も実施。
    関連雑誌等への寄稿や取材多数。

    第二部 佐藤 昌志
    PLMパッケージAras導入のエキスパート/日立システムズ
    料金 コロナ渦の応援価格で無料開催中

    セミナー内容

    プログラム
    第一部 プロジェクトマネージメント(PM)の本質とリーダー育成

  • 設計・開発におけるPM、その本質である「コミュニケーション」力向上の具体例を紹介します。
  • さらに形骸化したPM教育が多い中、20年にわたり実績を上げてきたプロジェクトリーダーの育成・力量向上のための「コーチング」事例も紹介します。

  • 第二部 PLMを活用したプロジェクトマネジメント推進のポイント

    新製品開発、流用開発の軸となる、製品開発プロセスの標準化、最適化、成果物の一元管理を、PLMでどの様に実現するのか、その勘所とコミュニケーションを加速させるAras Innovatorの機能についてご紹介します。
    注意事項
    お申込みについて

    下記、朱色の申込フォームより、セミナー前日までにお申込みください。お申込み後、ZOOM URLをメールにてご案内します。

    40ヶ国以上、
    有名メーカー出身のコンサルが対応。
    お気軽に問合せください。

    お急ぎの方は御電話ください。

    03-5783-3571
    お問い合わせ受付 [平日] 8:30~17:30