分かりやすく誰でも実施可能なTPSを導入、かつ理論的な改善活動により、生産性・積極性向上!

結果
  • 4カ月間で全社参加型による改善風土づくりを構築
  • 社員全員が、何がムダなのかを理解し、ムダを発見できるようになった

中国昆山にある表面処理メーカーのTPS導入プロジェクトを紹介します。

導入背景
3年前に弊社が実施した「TPS集中改善」により人件費削減効果が顕著に現れたので、経営者は更に改善活動に力を入れたく、次のステップとして、全社参加型による改善風土づくりを構築し、現場力の底上げを狙うプロジェクトをスタートした。

業界詳細
表面処理
中国
企業規模
従業員 約160名
課題
改善活動の強化
目的
人材育成
業界
金属
スケジュール
  1. 講義:TPS改善基礎セミナー
  2. 現状調査、問題点の洗い出し
  3. 改善案検討
  4. 改善実施
  5. 効果の検証
4か月間のプロジェクトスケジュール詳細
1ヵ月目
  1. キックオフ
  2. TPS改善基礎セミナー ・TPS導入ステップ紹介
    ・「ムリ、ムダ、ムラ」とは
    ・「動作12のムダ、工場8大ムダ」とは
    ・作業改善の考え方
    ・タイムスタディーの方法
    ・改善用紙の使い方
  3. 現状調査、問題点の洗い出し
2ヵ月目
  1. 改善用紙の使い方
    ・改善ポテンシャルシート
    ・ムダの分類と集計シート
  2. 工程担当者の声、その他11種類
    ・問題点のまとめ
    ・改善案検討
3ヵ月目
  1. 改善案検討・実施
  2. 改善ツール「イレクター」利用の勉強会
    ・製作事例紹介
    ・製作時の注意事項
    ・ジョイントの使い方
    ・現場投入時の注意点について
4ヵ月目
  1. 改善実施
  2. 効果の検証
    4ヶ月目から「改善案検討・実施」フェーズに入り、作業台や台車なども自分達の手で作成した。
    改善案を自分達の手で実現する事が出来るので、改善メンバーの積極性も現れてきて、
    作業性向上、運搬のムダ・取り置きのムダ排除、省人化が進み、
    経営者、改善メンバーもビックリする改善効果が現れた。
活動の様子
現場改善のスペシャリスト
小原 成幸(おばら しげゆき)

リコーOB 現場改善コンサルタント

リコーにて管理職及び一般社員への改善教育を実施。自ら現場に入り込んで改善活動を実践する。その後、社外に対するコンサル部門に異動し、様々な業種の現場診断とコンサルティングを実施。
得意分野は、業種を問わず、現場改善を定着させ、改善活動を通じて改善キーマン育成と品質向上・生産性向上・リードタイム短縮を実現する。

40ヶ国以上、
有名メーカー出身のコンサルが対応。
お気軽に問合せください。

お急ぎの方は御電話ください。

03-5783-3571
お問い合わせ受付 [平日] 8:30~17:30

選ばれる3つの理由 REASON

REASON 1

40ヶ国、
1,000社以上の改善実績

自社だけでは解決できない現場の問題は必ずあります。製造業が勝ち残るための改善・改革は、国や業界を問わず、改善の実践体験を通じて、人材を育成し、生産体制基盤を強化することが必要です。

REASON 2

現場が一目置き、
喜ぶコンサルティング

従来のコンサルティングでは、経営層とコンサルタントが中心になってすすめるため、現場とコンサルタントの間に距離がありました。弊社コンサルタントは、評論家的な「あら探し」ではなく「改善の種」を具体的に見出す指導により、現場の人間との隔たりのない指導をすることができます。

REASON 3

指導終了後も
継続的改善がされる

「人づくり」を強化しながら、設計から調達・製造・物流、そして生産管理と「全体の流れ」を重視し、貴社の現場の実態に合った指導を実施。現場が納得できるコンサルティング指導を行うことで、指導終了後も改善文化が継続されます。

40ヶ国以上、
有名メーカー出身のコンサルが対応。
お気軽に問合せください。

お急ぎの方は御電話ください。

03-5783-3571
お問い合わせ受付 [平日] 8:30~17:30