「TPS実践道場(1日)」では、TPSの物の見方考え方を講義と実践で具体的に習得します。
本研修は、製造現場の運営を担う管理・監督者を対象とし、この階層で学ぶべきことを分り易く、演習やグル―プ討議を交えながら進めていきます。

セミナー概要

タイトル TPS実践道場(1日版)
カテゴリー TPS道場
日程 ご相談の上決定
定員 30名(30名を超える場合はご相談下さい)
場所 当社研修センター(愛知県豊田市)
講師 石垣 忠政、 森 正、 鈴木 満
料金 200,000円~ (税別、テキスト代込) ※交通、宿泊費別途

セミナー内容

= 講 義 =
1)TPSの目的、平準化生産とロット生産
2)ジャストインタイムと自働化
3)品質の造り込みとムダの認識
= 実 践 =
4)標準作業組合せ票と時間測定
5)問題点の摘出と改善案検討
6)改善の手順(動作経済の原則・作業姿勢点・5why)
7)省人と職場力の強化

プログラム
講義
1-1 TPSの基本

1. 原価低減の重要性
        (1)企業の目的
        (2)原価低減の重要性

2. トヨタ生産方式の基本的な考え方
        (1)トヨタ生産方式のねらい
        (2)トヨタ生産方式の2本の柱
        (3)かんばん と 物の流れ
        (4)ロット生産と平準化生産
        (5)JITの3つの基本原則
        (6)トヨタ生産方式の2本の柱
        (7)自動化と自働化の違い
        (8)もう一つの自働化
        (9)品質の造り込み

3. 改善の考え方
        (1)作業改善と設備改善
        (2)改善の目的
        (3)ムダの認識
        (4)仕事とムダ
        (5)ムダの種類
        (6)見かけの能率と真の能率
        (7)着想を出す場合の考え方

4. 標準作業
        (1)標準作業とは
        (2)標準作業の条件
        (3)標準作業の特徴と三要素
        (4)標準作業組合せ票

実践
1-2 現状把握と改善 1-3 改善効果の活用

1. 現状の問題把握と考察
        (1)作業時間の測定
        (2)要素作業時間の測定
        (3)手作業時間・自動送り・歩行時間
        (4)問題点の摘出(3工程 1人作業)
        (5)問題点のまとめ(グループ毎に)
        (6)問題点の説明(実演を交えて)

2. 改善案の考察と実践
        (1)2工程・2人作業のレイアウトを考える
        (2)改善案の確認とTPS手法の説明
        (3)改善の手順に沿って実践
        (4)改善の原理原則に沿って検証
        (5)真因追求 ⇒ 5回の「ナゼ」
        (6)改善効果の比較・検証
        (7)改善の実践と横展
        (8)改善後の作業時間の測定

1.省人と職場力強化 
        (1)改善効果の確認
        (2)創意くふう制度の目的
        (3)山積表を用いた省人の進め方
        (4)省人による要員の活用のポイント
        (5)職場力を高める職場運営手法

40ヶ国以上、
有名メーカー出身のコンサルが対応。
お気軽に問合せください。

お急ぎの方は御電話ください。

03-5783-3571
お問い合わせ受付 [平日] 8:30~17:30